ちえをの部屋(仮)

消しゴムはんこ とか 日々の出来事。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フリーの図案集より~。  

 いつもは、自分で撮影して、花のデザイン書くんだけど。たまには図案集もいいなぁって…。

 って云っても、いじくり過ぎて原型をとどめてないでーす。

 同じ図案集持っておられる方なら、どこのページをパクってる~とか、判るかも。

20120810 001

 暑いね~毎日、暑すぎて頭ぼーっとして、花びらのくねくねした部分彫ってる時ずっと<フラクタル>のコト考えてましたわ。

 ウィキぺディアより:フラクタル(仏: fractale)は、フランスの数学者ブノワ・マンデルブロ が導入した幾何学の概念。図形の部分と全体が自己相似になっているものなどをいう。
 <フラクタルの例>
近似的なフラクタルな図形は、自然界のあらゆる場面で出現されるとされ、自然科学の新たなアプローチ手法となった。逆に、コンピュータグラフィックスにおける地形や植生などの自然物形状の自動生成のアルゴリズムとして用いられることも多い(フラクタル地形など)。
また、自然界で多くみられる一見不規則な変動(カオス)をグラフにプロットするとそのグラフはフラクタルな性質を示すことが知られ、カオスアトラクターと呼ばれる。当然、数学的に厳密なフラクタルは無限大を含むため自然界では成立しえず、近似である


 暑すぎて脳ミソばきゅーん。
  
20120810 002

 あと、<美学>のこととか考えてた。

 ウィキペディアより~:伝統的に美学は美とは何かという美の本質、どのようなものが美しいのかという美の基準、美は何のためにあるのかという美の価値を問題として取り組んできた。美学が一つの学問として成立した歴史的背景には、18世紀に啓蒙主義の思想と自然科学の確立に伴って表面化した科学的認識と美的もしくは感覚的認識の相違が認められたことと関係している。バウムガルテンは理性的認識に対して感性的認識に固有の論理を認め、学問としての美学を形作った。後にカントは美学の研究について美的判断を行う能力としての趣味を検討し、趣味を支配する普遍的な原理は存在しないことから、美学を美そのものの学問ではなく美に対する批判の学問として位置づけた。ここから美学はシラー、シェリング、ヘーゲルなどにより展開された美に対する哲学的批判へと焦点が移行するが、19世紀から20世紀にかけて美の概念そのものの探究から個別の美的経験や芸術領域、もしくは芸術と他の人間活動との関係にも考察が及んでいる。 

 ヤバいわ、暑いわ。一瞬、三途の川が見えたわ。

20120810 003

 で、まだ捺してなーい。明日にでも~。
関連記事

category: 消しゴムはんこ

thread: 消しゴムはんこ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieo2010.blog108.fc2.com/tb.php/284-214c8e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。